TOP

Laiškas iš Lithuania #24-05

2015.10.24|

frag151024_1

ここ数日の雨模様から一転、よく晴れた一日。夕方、ゴーダと別れてからひとり、ヴィリニュスの街を一望できる丘まで散歩に出かけました。城壁跡をぐるりと進んで、少し先の丘の麓から、自転車を押しながら上ってくるおじいさんを横目に見つつ丘をこえて……落ち葉を踏みしめながら木々のなかに入っていきました。黄色い木々に囲まれて、その向こうに見えるヴィリニュスの街をカメラに収めて、リトアニアに来てから木々の色が更に深い黄色に変わっているのに気づきました。あとから、iPhoneに残している定点観測しているバルコニーからの眺めを見たら、到着したばかりの頃はまだ濃い緑色が目立っていた木が、ある寒い日を境に一気に黄色く色づいていて……リトアニアの秋は、生き生きとしていて、これから長い静の季節がやってくるのを前に輝いているようです。

frag151024_2

街のいたるところに観光客で溢れるようになったリトアニア。良い時代なのだと思います。土曜日とはいえ、こんなに通りに人がいるなんて、これまで見たことがなかったなぁ……と驚くばかり。でも見晴らしのいい丘は、まだまだ地元の人が少しいるだけで、静かなものでした。リトアニアの人たちは、若いカップルでも自然のなかを散歩するのが好きなようで、やることのない素晴らしさについてしばし考えました。目新しい買い物スポットなどが次々できる日本とは、ちょっと違うところです。自然はいつもすぐそばにあって、支度をして出かけるところではないのがいいなと思いました。木々の向こうに見えたゲディミナス塔をたっぷり楽しんで(ゲディミナス塔の形はとてもかわいい)元来た道を戻りました。往きに目にしたおじいさんはもう丘を上りきっていて、少し開けたところに自転車を停めて、さっきの私のように街を眺めながら休んでいました。「ラーバス」「ラーバス」と挨拶をして私は宿の方向へ。しばらくぶりの太陽を、街の誰もが楽しんでいるような様子の土曜日です。